スタッフブログ

「フロン排出抑制法」は色々とんでもない!

こんにちは!!

気が付いたらもう2月も終わろうとしている今日この頃ですが、みなさんはどうお過ごしですか?

春をすぐそこに迎えながらもまだまだ寒い日々、ご自分のお体をいたわっていらっしゃいますか?

 

さて、今回はもう一度、空調機器と切っても切れない法律の1つである、

「フロン排出抑制法」 についてお話したいと思います。

※フロン・・・オゾンを分解し、オゾン層を破壊する物質(= 気温を上昇させる一因)

 

 

昨年12月にパリで開催された、第21回締約国会議(COP21)は、

2020年以降の新たな温暖化対策の国際枠組みを決める『パリ協定』を全会一致で採択し、

拍手喝采で幕を閉じましたが、協定内容のレベルが とんでもなく高い んです!!

 

 

 

協定内容を要約すると、

 

気温の上昇を抑える為に、温室効果ガスの排出量と吸収量を等しくする。そのための各国の対策を「義務」とする。

 

となります。

 

 

それらをすべての国、全世界で意志表明したのですから、

これはとんでもない事なんです!!


これを受けて、今後のご時勢はますます規制の厳しい方向へ進むでしょう。

 

 

今までのフロンに対する法律は、フロンの「回収」・「破壊」だけ を重視した法律でした。

しかし、この法律は環境への貢献という面で、思っていた程の効果を得られませんでした。

 

 

これを考慮し、フロン自体の規制だけではなく、

フロンの入った空調機器&それを取巻く環境をも規制対象に取り入れたものが、

新しく定められた 「フロン排出抑制法」 です。

※ちなみに、この「フロン排出抑制法」はパリ協定の半年以上前、平成27年4月に施行されています。

日本のやる気がうかがえますね!

 

 

この法律は前回の「フロン回収・破壊法」に加え、

実際に機器をお使いになられるユ-ザ-様も新たに対象としており、

実際の使用・保管・保守の方法に関する規制項目も明記されました。

 

 

エアコンをお使いになる皆様には、とても関係の深い内容です!!

前々回のブログ(11/2)でも、この規制項目について少し触れています。よかったら見て下さいね♪

 

 

ちょっと長くなってしまったので、本日はこれにて終了いたします。

次回は「フロン排出抑制法と皆様との関わり」についてお話したいと思いますので、ぜひお楽しみに!!

 

では、お体にお気をつけて さようなら。

 

▼ お問合せはこちら ▼

フジテック株式会社

〒435-0021 浜松市東区材木町918-2

TEL 053-423-0550

2016年03月01日

このページの先頭へ

業務用エアコンや空調設備の修理・洗浄から住宅の井戸工事・ポンプの修理・交換ならフジテックにお任せください。