スタッフブログ

『 フロン排出抑制法 』 がもっと身近なものに

こんにちは!サービス部の山田です。

 

みなさんは、花粉が多く飛び交う時期をどうお過ごしですか?

私は花粉症でマスクが欠かせないですが、耳の裏が痛くて辛いです。。。

 

さて今回は、前回に引き続き 「 フロン排出抑制法と皆様との関わり 」 について、レポートしたいと思います。

 

フロン排出抑制法 は、 特定の空調機器 への点検業務を定めた法律です。

 

では、どのような機器が対象になるのでしょうか?

 

《 特定の機器 = 第一種特定製品 とは? 》

対象となる製品は、オフィスやビルなどにある業務用エアコン、及び飲食店や工場等の冷凍冷蔵器など、

幅広い施設に設置されている冷凍空調機器 となります。

 

そう! 家庭用ルームエアコン は対象外なんです!!

 

 

みなさん、安心しましたか?

ですが、空調機器に入っているフロンが漏れてはいけないのは、業務用の空調機器も、みなさんがお使いのルームエアコンも同じです。

今回のフロン排出抑制法で定められた点検業務には、 「簡易点検」 と 「定期点検」 の2種類があります。

ご家庭でできるやり方もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

《 簡易点検とは 》

機械の振動・運転音の確認や、室外機の熱交換器等に傷や錆、油のにじみがないか目視による外観点検を記録に残す点検方法です。

これは、機器をお使いの方がご自身で出来る点検方法です。

3カ月に1回以上行いましょう。


 

 

 

《 定期点検とは 》

機械の能力(圧縮機定格出力)が7.5kw以上の空調機器が対象です。

十分な実務経験と一定の資格を持った者による点検が必要となります。

3年に1回以上行いましょう。


 

 

 

フロン排出抑制法の義務に違反すると様々な罰則があります。

今後は、お使いの機器をますます大切に管理する必要があるという事ですね。

 

因みに、当社には9人もの有資格者(フロン類取扱技術者)が在籍しております!!

上に書いた定期点検をはじめ、空調機の修理もやっておりますのでお気軽にご相談ください!!

 

またまた長くなってしまいました。申し訳ありません。

それでは、お体に気をつけて お過ごし下さいませ。

 

 

▼ お問合せはこちら ▼

フジテック株式会社

〒435-0021 浜松市東区材木町918-2

TEL 053-423-0550

2016年05月01日

このページの先頭へ

業務用エアコンや空調設備の修理・洗浄から住宅の井戸工事・ポンプの修理・交換ならフジテックにお任せください。