スタッフブログ

【 某中古車販売店 空調換気設備工事 】耐圧試験・通水試験 ご紹介!

皆様こんにちは。フジテック㈱工事部の松本です。

 

原稿を書いている今は6月末梅雨真っ只中で、ジメジメと過ごしにくい日が続いています。
このブログをご覧いただく頃には、セミの鳴き声でより暑さを感じているのではないでしょうか?
こまめな水分補給とエアコンを上手に活用して、熱中症予防に心掛けてくださいね。

 

 

それでは今回は、三島市の某有名中古車販売店での工事について紹介させていただきます。

 

 

【 現場名 】 某中古車販売店新築工事

【 工期 】 2017年4月~2017年7月

【 工種 】 空調換気設備工事

 

 

現在は引渡し前の内装工事と、舗装植樹等外構工事が行われております。
当社は天井カセット型のパッケージエアコン4台を取付させていただきました。

 

今回はその中の2つの確認作業についてご説明させていただきます。

 

 

①エアコンの冷媒配管に漏れがない事を確認する試験「耐圧試験」

 

冷媒配管を繋ぐ際には、しばしば溶接作業が行われます。

もちろん確実な施工を心掛けておりますが、配管溶接部や締め付け部の漏れがないことを
改めて確認するためにこの試験を行っています。

 

【 耐圧開始 】

 

 

配管内に窒素を規程量(規程圧力)の4.0Mpaかけています。
このまま24時間放置します。

 

 

【 24時間経過後 】


 

圧力計の数値が24時間前と同じ値を示しています。

配管内に漏れがないことが確認できましたので、こちらの試験はクリアです!

 

 

②エアコン運転時に出るドレン水が確実に屋外に流れているか確認する試験「通水試験」


【 室内ドレン水注入】



エアコン室内機のドレンパンと言われる受け皿に水を流し、屋外に確実に流れているかを確認しています。

 

 

【 屋外ドレン放流確認 】

 

 

天井裏で繋がれたドレン配管を通り、ドレンが屋外に流れている様子が確認できましたので、こちらもクリア!

 

 

今回ご紹介させていただきました試験はごく1部です。

お客様が快適に安心して使用していただけるように、私たちは現場でいろいろな試験を実施しています。

 

今後も確認作業を怠らず品質にこだわり、

そしてお客様に快適に過ごしていただくための手助けができればと考えております。

これからも丁寧な施工を心掛け、日々努めて参ります。

 

 

▼ お問合せはこちら ▼

フジテック株式会社

〒435-0021

浜松市東区材木町918-2

TEL 053-423-0550

 

2017年08月01日

このページの先頭へ

業務用エアコンや空調設備の修理・洗浄から住宅の井戸工事・ポンプの修理・交換ならフジテックにお任せください。