スタッフブログ

エアコン室外機 洗浄の様子 をご紹介

皆様こんにちは。サービス部の山田です。

 

今年の夏は例年よりも湿度が高いと思いませんか?ジメジメとした蒸し暑さが続いてますね。

 

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、そんな蒸し暑い時は!
お使いのエアコンに除湿機能があれば冷房運転で冷やすよりも「除湿」の方が効率がいいですよ!!

 

ただ、エアコンを使い続けると本体に汚れが付きやすくなり、臭いなども気になってきますので、できればお掃除はマメにお願いしたいところです。

 

室内機の薬品を使った洗浄作業は一般的だと思いますが、実は「室外機」のお手入れも大事になります。

今回は、エアコンをより効果的に使用するために「室外機の洗浄作業」をご紹介します。

 

 

こちらは、熱交換器(アルミ製のフィン)という部品です。

 

 

その名の通り室内と室外の熱を交換させる大切なもので、室内機と室外機の両方についています。

 

 

さて、この熱交換器が汚れていると、どうなってしまうのでしょうか?

 

 

■ 室内機 ⇒ 結露しやすくなるので水漏れや臭いの原因になります。

■ 室外機 ⇒ 汚れがフィン内部を通る空気の流通を妨げ、熱の交換が不十分になり効きが悪くなります。

 

 

効きが悪く感じれば、皆さんも設定温度を下げたりされると思います。

使用時間も長くなり、電気代は増え、機械の寿命などにも影響してしまいます。

 

 

ちょっと汚くて申し訳ありませんが、ここで実際に汚れてしまったフィンと、その洗浄の様子を見てみましょう。

 

 

こちらは、室外機の熱交換器です。

フィンの表面を覆うように油汚れが詰まっています。

 

 

 

 

 

この汚れをフィン専用の薬品で高圧洗浄して落とします。

 

 

 

 

 

洗浄後の熱交換器はこちら!

 

 

 

フィンの表面を覆っていた汚れが落ちて、すっきりしましたね!

 

 

普段室外機はあまり気にされないと思いますので、ぜひこれを機に一度見てみてください。

 

もしお使いのエアコンの効きが悪く感じたら、お気軽に弊社までご相談ください。

 

 

▼ お問合せはこちら ▼

フジテック株式会社

〒435-0021

浜松市東区材木町918-2

TEL 053-423-0550

 

2017年09月01日

このページの先頭へ

業務用エアコンや空調設備の修理・洗浄から住宅の井戸工事・ポンプの修理・交換ならフジテックにお任せください。